収入証明書なしでお金を借りられるかどうかは総量規制と呼ばれる法律の規定による

収入証明書なし,キャッシング

急にまとまったお金が必要になった時にみなさんはどうされますか?

 

消費者金融からお金を借りることによって、
必要な分を賄おうとする人は実際に多いのです。

 

しかし、消費者金融を利用する場合は、
総量規制について常に意識しなければなりません。

 

総量規制とは?

収入証明書なし,キャッシング

総量規制とは、貸金業法と呼ばれる法律に明記されている、
個人に対する貸付額の制限に関する規定のことを指します。

 

具体的には、
年収等の3分の1を超えて個人に貸付けることを原則として禁止する規定があります。

 

また、自社の貸付額が50万円を超える場合と、
自社以外の貸付総額に自社の貸付額を加えると100万円を超える場合に、
借り入れようとしている者から収入証明書の提示を受けるよう義務付ける規定を指して総量規制と呼ぶことが多いです。

総量規制の適用を受けないお金の貸し借り

収入証明書なし,キャッシング

この規定は見方を変えると、総量規制の範囲に含まれない借り入れであれば、
収入証明書なしで行うことができるということを意味します。

 

つまり、申込の時点における借入残高が、
年収の3分の1に相当する金額以内におさまっていたとします。

  • 他社からお金を借りていないのであれば借入希望額が50万円以下である場合
  • 借りているのであれば他社からの借入額と申込先からの借入希望額の合計が

    100万円以下となる場合

だと、収入証明書なしで貸金業者からお金を借り入れることができます。

 

また、不動産や有価証券、自動車などの担保貸付けや、高額の療養費を確保するための貸付けなど、
借り入れの目的によっては総量規制が適用されない場合もあります。

 

総量規制の適用を受けないお金の貸し借りについても、
収入証明書なしでできることがあります。


収入証明書なしで消費者金融でお金借りるための条件

収入証明書なし,キャッシング

消費者金融では、特定の条件を満たしていれば、
収入証明書なしでお金借りることができます。

 

その条件とは、ひとつは希望借入額が50万円以下であることです。

 

ほとんどの消費者金融では、50万円以下の申し込みであれば、
収入証明書の提出が不要になっています。

 

もうひとつは、他社からの借入も含めた合計借入金額が100万円以下であることです。

 

総量規制対象外の一部例外に注意

収入証明書なし,キャッシング

消費者金融では総量規制によって、
その人の年収の3分の1以上のお金を融資してはいけないことになっています。

 

そのため、これらのいずれかの条件を満たしていない場合は、
収入を確認しなければならなくなります。

 

ただし、これらの条件を満たしている人でも例外として、

  1. 現在多重債務者であるか過去に多重債務者になったことがある人
  2. 債務整理の経験がある人
  3. 返済能力や申し込み時の言動に疑わしい点があると判断された人

については、消費者金融のキャッシングによっては収入証明書の提出を求められる可能性があります。

 

証明書なしでお金を借りるためには

収入証明書なし,キャッシング

そのため、収入証明書なしで消費者金融でキャッシングするには、

  • 希望借入額が50万円以下で現在他社からの借入がないか
  • 他社からの借入があったとしても、少額であること
  • 信用情報がクリーンで申し込み時の態度や内容に不審な点がないこと

が条件になります。

 

必要な情報や書類をきちんと提供していればそうそう疑われることはありません。

 

店頭や電話での申し込みなら落ち着いてやりとりに対応し、
web申し込みなら入力内容に不備がないように気を付けていれば問題ありません。

 

返済能力については、信用情報や本人または配偶者が、
安定した職に就いているかを確認することで判断されます。


収入証明書なしでお金借りる方法と銀行カードローンの基本

収入証明書なし,キャッシング

銀行カードローンでお金借りるためには、申し込んで審査に通らなければなりません。

 

ただし申し込み手続きには、収入証明書が必要になる場合があります。
それは、希望する融資の金額が高い場合です。

 

ただし高い場合といっても、具体的に何円なのかは一概には言えません。
なぜなら各銀行それぞれの基準や判断などがあるからです。

 

ただ、一般的な目安を考えるなら、借り入れ希望金額が100万円を超えるような場合になってくると、
収入証明書なしでは申し込めなくなってくる可能性が出てくると思われます。

 

100万円未満でも収入証明書の提出を求められることも

収入証明書なし,キャッシング

ただし希望する額が100万円に満たない場合は、
逆に殆どの銀行カードローンでは収入証明書なしで申し込めるものと思われます。

 

もちろん絶対とは言えません。

 

たとえば、過去にその銀行と何らかのトラブルを起こしたことのあるような人が、
ローンに申し込んできた場合などは、たとえ希望額が数十万円程度でも、
収入証明書の提出を求められることはあるかもしれません。

 

それに個人事業者の場合などは、
たとえ数万円の借り入れでも収入証明書は必要かもしれません。

 

また、過去に金融事故を起こしたことがある人なら、
審査に通ること自体が困難であると予想されます。

借りられる金額には限界があります

収入証明書なし,キャッシング

ですから結局、収入証明書なしでお金借りる方法を考えても、
銀行カードローンの基本的な融資基準の範囲内でしか考えることはできないでしょう。

 

たとえ収入証明書なしで借りられる銀行カードローンが見つかったとしても、
借りられる金額には限界があることは間違いありません。

 

また、融資を希望する人に問題がある場合は難しくなってしまうこともあるのです。

 


主婦は収入証明書なしでもお金借りることができます

収入証明書なし,キャッシング

街中に、消費者金融や銀行のカードローンの店舗や、
自動契約機、看板は多く立ち並んでいます。

 

また、テレビやネットからはCMが毎日流れている消費者金融や
銀行のカードローンを利用する人はたくさんいます。

 

融資をしてもらうには自分に合ったサービスを利用することが大切になります。
では自分に合ったサービスとはどういうものでしょうか?

 

銀行カードローンと消費者金融の違い

収入証明書なし,キャッシング

金融機関によって、借り入れできる条件や金利、サービスなどが違います。
銀行カードローンと消費者金融の違いはいろいろあります。

 

例えば、金利の安さと融資限度額の多さは銀行カードローンですが、
融資のスピードの速さは消費者金融の方が優れています。

 

また、消費者金融は総量規制で年収の3分の1までしか融資ができないことになっています。

 

一方、銀行は総量規制対象外となっていますので、
収入に関係なく融資額を決めることができます。

 

そのため、収入が無い主婦などは消費者金融からキャッシングはできませんが、
銀行ならお金借りることが可能になります。

 

主婦が収入証明書なしで借りられる理由

収入証明書なし,キャッシング

銀行のカードローンを申し込む際は、収入証明書なしで大丈夫です。

 

カードローンは、お金借りる額によって収入証明書なしでも借入れができるのが一般的です。

 

消費者金融なら

  • 借入れ金額が50万円まで
  • 他社との借入れ金額が100万円以内

であれば、収入証明書なしでもキャッシングすることができます。

 

銀行カードローンなら100万円~300万円までとなっています。

 

これは収入がない主婦でも同じでことですが、
たとえ要求されても収入がない主婦には収入証明書を提出することはできないものです。

 

収入の無い主婦にお金を貸すための保証に、配偶者の収入証明書が必要だと思いますよね。
でも夫の収入証明書なしても借りられます。

 

その理由は、配偶者に安定した収入があるから働かなくても生活ができているという事実が、
貸しても大丈夫だと判断されるからです。


収入証明書なしで専業主婦がお金借りることができるのでしょうか?

収入証明書なし,キャッシング

お金が必要になったとき、銀行や消費者金融などで、
カードローンを申し込みキャッシングする人も多いでしょう

 

審査や融資の早さで人気な消費者金融は、20歳以上で安定した収入があれば、
学生や主婦、アルバイトでもお金借りることができます。

 

まったく収入のない専業主婦は、消費者金融からお金借りることはできません。

 

消費者金融は総量規制で収入の3分の1までしか融資ができないと決められています。
ですので、収入のない専業主婦には貸すことができないのです。

 

専業主婦は銀行カードローンでお金を借りる

収入証明書なし,キャッシング

では、専業主婦がお金に困ったら、どこからお金借りるといいのでしょうか。

 

専業主婦がお金借りることができるのは、銀行カードローンです。

 

銀行は総量規制対象外になりますので、
収入に関係なく審査に通ればお金借りることができます。

 

収入のない専業主婦ですから、収入証明書なしということは貸す側も承知しています。
ですので、収入証明書の提出は求められることはありません。

 

代わりに夫の収入証明書の提出を求められることもありません。

 

銀行の口座があると便利

収入証明書なし,キャッシング

収入がなく夫の収入証明書なしでもお金が借りられるのは、
働かなくても生活できる基盤があるということです。

 

生活レベルも、会って会話をすればおおよそのことが分かるもので、
衣服や身だしなみ、話し方などで生活をよみ取ることができます。

 

最良なのは、借りる銀行の口座を持っていることです。

口座がある時点で信用されますし、借入れ金額を口座に振り込んでもらいたいときや、
返金の自動引き落としも早く対応できて便利です。


「収入証明書なしキャッシング|証明書不要でいくらまで借りれる?」関連情報