収入証明書なしでキャッシングは利用できるの?徹底検証

収入証明書なし

収入証明書なしでキャッシングサービスを利用したいという人もいるでしょう。
総量規制の関係でキャッシング会社では、収入証明書の提出が義務付けられています。

 

一方で、銀行カードローンであれば高額借り入れでない限り収入証明書なしになり、キャッシングの際に提出の必要はないのです。

 

キャッシングサービスで困った時に頼りになるのは!
一番金利の安くなるのは、無利息ローンサービスを展開しているプロミスを利用することです。
プロミスだったら最短即日融資サービスもATM全国設置No1と揃っているので便利にキャッシングできます!
(無利息ローンの利用にはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)

 プロミスだったら困った時に頼りになる!最短一時間融資!!
 平日14時過ぎてもWEB申込から審査通過後に自動契約機に行けば借りられる!
 土日祝でもWEB申込から審査通過後に自動契約機に行けば借りられる!
 30日間無利息サービスも実施中
 ※メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要です。
 プロミスレディースも女性の方に人気があります!
 >>プロミスレディースキャッシングの詳細情報はコチラから!

プロミス


こっそりお金を借りたいと思った時には!
内緒でお金を借りたい時はモビット【WEB完結申込】サービスが助かります!
電話確認なし郵便物無し!のカードレスのサービスですのでこっそりお金を借りたい時に役立ちます!
モビットのもう一つのサービス【10秒簡易審査】は、入力項目も少なく急いでいる時に便利です!

モビットの申し込み方法はタイプの違った2種類!
WEB完結申込で職場電話連絡無し!自宅郵便物も無し!の秘密重視で借りられるサービス
※WEB完結申込の利用には三井住友銀行まとは三菱東京UFJ銀行の口座が必要です。
10秒簡易審査(お試し診断では無い)の即日審査で最短即日融資も可能なサービス
※曜日、時間帯によっては振込が翌日になる場合もあります。

モビット

収入証明書なしは総量規制という法律に左右される

収入証明書なし,キャッシング

キャッシングで借入するにあたって、身分証明書だけでいいケースと収入証明書の提出も求められるケースもあります。

 

収入証明書はサラリーマンの場合、源泉徴収票や給与明細など会社で手続きをしなくてはならず面倒です。できれば収入証明書なしで、手軽にキャッシングで借り入れしたい人もいるでしょう。
基本的に収入証明書が申し込み時に必要かどうか、それは総量規制という法律が関係しています。

 

キャッシングの貸し付けを制約する総量規制とはそもそも何?

総量規制とは改正貸金業法という法律の中に付帯しているルールのことです。
総量規制とは、消費者金融やカード会社に対して貸付規制を行うルールです。

 

総量規制の中でも有名なのは、収入の1/3を貸し付けの上限とするものです。
例えば年収300万円の場合、100万円を超えるキャッシング借入はできないということになります。

 

総量規制が設けられたのは、多重債務者対策です。
お金を返せなくなった債務者が借金返済のためにほかのところからお金を借りる、また返済期日が迫るとさらにほかのところに…となってどんどん借金が膨らみます。このような状況にならないために、キャッシング借り入れできる上限を設定したのです。

 

どこでどの程度借り入れがあるかは、信用情報機関に登録されています。
ですから借入額は把握できます。しかしその人の年収を信用情報機関では把握していません。
また年々その人の収入が変わってきます。総量規制に基づき貸し付けをする場合、年収の情報も把握しなければなりません。

 

総量規制で収入証明書の提出義務があるかどうかの決まりも設定

収入証明書なし,キャッシング

総量規制では、収入証明書の提出を求めるかどうかのルールも決められています。
貸金業者を対象にして、キャッシングの借入金額が50万円を超える場合には収入証明書の確認をするように決まりが設けられています。

 

また今回が初めてのキャッシング利用ではなく、他社のキャシング借り入れのある場合には異なります。
今回のキャッシング借り入れで合計の債務額が100万円を超える場合には収入証明書の提出が義務付けられています。

 

例えばすでに他社キャッシング借り入れが80万円あったとします。
この場合、今回のキャッシング借り入れが25万円で申し込んでも収入証明書の提出義務があるわけです。

 

銀行カードローンであれば収入証明書なしでもキャッシング借り入れ可能なケースも

上で紹介したように基本消費者金融や信販会社の場合、50万円を超える借入だと収入証明書が必要です。
しかし銀行カードローンの場合、この限りではないです。

 

総量規制は上で紹介したように、貸金業法という法律に基づきます。
この法律は貸金業者に対して規制しています。銀行は貸金業者ではないので、この規制を受けません。
銀行カードローンを見てみると、50万円を超える借入でも収入証明書なしで問題のないケースも多いです。

 

個別の銀行カードローンで収入証明書なしの上限は異なります。
100万円までのキャッシングで収入証明書なしというところは多くです。
しかし中には、300万円とか500万円といったまとまった金額でも収入証明書なしでも借りられる銀行カードローンもあります。

収入証明書なしで消費者金融にてお金借りるキャッシング方法は?

即日融資にも対応している消費者金融は、急な出費で今すぐキャッシングでお金を借りる必要がある場合に便利です。
消費者金融の場合、基本的に本人確認書類だけ提出すればキャッシング申し込みを受け付けられます。
しかし収入証明書が必要な場合もありますので注意しましょう。

総量規制の制約を受ける消費者金融とで収入証明書なしにキャッシングできる条件とは

収入証明書なし

消費者金融で収入証明書なしでキャッシングする場合、以下の2つの条件をクリアしなければなりません。

  1. 利用限度額が50万円を超える
  2. 複数借入先があって総額100万円を超える場合

総量規制では、その人の年収の1/3を超えて貸し付けができないと決められています。
この確認をするため、まとまった資金融資を希望する場合収入証明書が必要となるわけです。

 

在籍確認できない場合に収入証明書が必要なケースも

収入証明書なし

借入希望額が50万円までであれば、収入証明書なしで消費者金融にてキャッシングすることは可能です。しかし本来収入証明なしでキャッシング借り入れできる場合でも、提出の求められるケースもあります。

 

通常消費者金融でキャッシングの審査を行う際、在籍確認をします。
申込書に書かれている職場で本当に仕事をしているか、通常は電話をかけて確認します。

 

ところが申し込んだ日がたまたま職場の休業日だった場合、在籍確認ができません。
そのような場合、収入証明書を提出するように求められるケースがあります。

 

給与明細や源泉徴収票で勤務実態があることを確認するわけです。
また諸事情で電話による在籍確認を希望しない場合も収入証明書を提出する形もあります。

収入証明書を提出してから一定期間経過している場合、収入証明書なしではキャッシング利用できない

収入証明書なし,キャッシング

収入証明書は初回申し込みの時だけ必要になります。
原則1回提出すれば、それ以降お金借りる際に収入証明書なしでもキャッシング可能です。

 

しかし消費者金融の中には、前回収入証明書を提出してから一定期間経過している場合、再度提出するように求められることがあります。

 

消費者金融によって、その期間は若干異なるかもしれません。
ただ大手の消費者金融を見ると、前回収入証明書を提出してから3年以上経過している場合、再度提出が義務付けられるようです。

 

収入証明書なしでキャッシングができるかどうか、消費者金融の公式ホームページに詳しいことが記載されています。
心配であれば申し込む前に、収入証明書なしでキャッシング可能かWEBでチェックしておくといいでしょう。

収入証明書なしで銀行カードローンにてお金を借りるキャッシング方法

収入証明書なし

消費者金融だけでなく、銀行でもカードローンによる個人貸付サービスを実施しているところは多くあります。
銀行カードローンの場合、収入証明書なしでキャッシングすることも可能なので簡単な手続きで申し込みができます。

 

銀行カードローンは総量規制のルールには縛られない

キャッシング借入する場合、収入証明書の提出が必要なケースも出てきます。

  1. 50万円を超える場合
  2. 合計借入額が100万円を超える場合

これは総量規制の中で設けられている決まりです。
総量規制とは、貸金業法の中に設けられている条項です。
貸金業法は文字通り、消費者金融やクレジットカード会社、信販会社などの貸金業を営んでいるところが対象です。

 

銀行は貸金業者ではないので、貸金業法の総量規制のルールを順守する義務はありません。
このため、先ほど紹介した条件で収入証明書の提出を求める必要はないのです。

銀行カードローンは収入証明なしでもお金借りることは可能

収入証明書なし

このように銀行カードローンの場合、総量規制の枠組みにとらわれることなくキャッシングすることが可能です。ただしどこまでも収入証明書なしでまとまったお金を借りられるというわけではないのです。

 

やはり高額のキャッシング貸し付けになると、それが不良債権化した場合銀行の受けるダメージも大きくなります。そこで総量規制ではなく、あくまでも自主規制という形で収入証明書の提出ルールを設けています。

 

このため、どこまで収入証明書なしでお金借りることができるか、個々の金融機関によって異なります。
これまでのところ、だいたい100~300万円までであれば収入証明書なしでキャッシングできるところが多いです。
ただしこれからは少しこの決まり・慣習も変わってくる可能性も出てきています。

今後、銀行カードローンキャッシングでも収入証明書の提出を義務付けるかも

収入証明書なし

実は2016年9月、日弁連が「銀行等による過剰貸付の防止を求める意見書」を提出しています。文字通り、銀行はカードローンをはじめとして過剰な金額のキャッシング貸し付けで消費者がその返済に苦慮しているのでルールの見直しをしてほしいということです。

 

この意見書を受けて、各銀行も今まで以上に収入証明書をキャッシング借り入れの際に提出するよう求める動きを見せています。
すでにメガバンク数行が、融資基準の見直しを行っています。
ですから近い将来、収入証明書なしでキャッシングできる基準が貸金業者に近づく可能性は十分考えられます。

主婦が収入証明書なしでお金借りるキャッシング方法を紹介

収入証明書なし

主婦の方で家計を預かっているケースも多いでしょう。
その中にはいろいろと支出が多くて、手持ちのお金だけでやりくりするのが難しいというケースもありますよね。

 

その場合、キャッシングなどでお金借りる必要も出てくるかもしれません。
主婦といっても専業の方もいるでしょうし、パートなど自分でも稼いでいる方もいるでしょう。

 

パートの主婦の場合どこでも借り入れ可能

主婦をしているといっても大きく2種類に分類できるはずです。

  • 専業主婦として家庭に入っている主婦
  • パートタイマーやアルバイトなど自分でも仕事をして一定の収入を得ている主婦

もしパートなど自分で仕事をしている主婦であれば、どこでもお金借りることは可能です。
キャッシングサービスを提供している消費者金融を見てみると、「継続・安定した収入のある人」を申し込み条件としています。

 

収入があれば、パートやアルバイトの方でも積極的に融資を行う傾向が見られます。
もしパートなど仕事をしている主婦であれば、自分の希望する条件で融資をしてくれるキャッシングサービスを慎重に比較して見つけることです。

収入証明なしでキャッシングすることは十分可能

収入証明書なし,キャッシング

パートタイマーの主婦の場合、たいていのケースで収入証明なしでキャッシングすることは可能です。消費者金融の場合、総量規制に基づくキャッシングが義務付けられています。総量規制では、その人の年収の1/3を超えて貸し付けることはできないとしています。

 

一方収入証明の提出が必要になるのは、同じく総量規制の下では50万円を超える借入希望額の場合です。つまり150万円を超える収入がなければ、収入証明書なしでお金借りることは可能なわけです。

 

パートタイマーの主婦で、年収150万円を超えるケースはあまり多くありません。
配偶者控除を受けるため、103万円以内の年収としている主婦の場合、収入証明の必要になることはまずないでしょう。

消費者金融の無利息キャッシングを検討すべし

収入証明書なし

パート主婦の場合、収入証明書なしで消費者金融からキャッシングすることも可能です。
消費者金融のキャッシングサービスを見てみると、初回借入のみ一定期間無利息で借り入れ可能な商品もいくつか見られます。

 

無利息機関の間に全額返済することができれば、元金の返済だけで済み負担を最小限に抑えられます。無利息サービスを提供している消費者金融の中には使い勝手がいいと評判のところも見受けられます。無理なく返済計画を立ててみることも大事です。

専業主婦が収入証明なしでキャッシング出来る方法を紹介

収入証明書なし

専業主婦で自分は何も仕事をしていない人もいるでしょう。
その中で旦那さんの収入だけでは家計を賄えないとき、キャッシングを利用したいと思うこともあるはずです。
パートなど仕事をしている主婦と比較すると、利用できるキャッシングサービスの選択肢は狭まります。

 

専業主婦がキャッシングするには銀行カードローンだけに

収入証明書なし,キャッシング

専業主婦がキャッシングでお金を借りる場合、基本的に銀行カードローンだけになります。
消費者金融で専業主婦がお金借りることはまず不可能です。

 

その理由として、総量規制があります。何度か紹介したように総量規制とは、その人の年収の1/3を貸し付けの上限としたルールです。

 

専業主婦の場合、自分名義の収入はゼロでしょう。
ゼロ×1/3はゼロ、つまり総量規制の下では消費者金融でお金を借りることはできないわけです。

 

銀行カードローンのキャッシングの場合、総量規制の設けられた貸金業法に基づく貸し出しを行う必要はありません。
実際自分名義の収入のない専業主婦の方でも、旦那さんに安定・継続的な収入があれば、お金借りることは可能です。

 

しかも銀行カードローンの場合、50万円を超えた場合に収入証明書の提出を義務付けられる貸金業法のルールに縛られません。
100万円から300万円までの借り入れであれば、収入証明なしでもお金借りることのできるカードローンが中心です。

 

専業主婦の場合、ここまでまとまった金額を借りることはないでしょう。
ですから実質的に、収入証明書なしでもお金借りることは可能なわけです。

銀行カードローンでは旦那の収入証明書なしでもキャッシング出来る?

収入証明書なし,キャッシング

専業主婦がお金借りる場合、旦那さんの収入証明書は必要なのではと思う人もいるでしょう。
しかし大半の銀行カードローンは、夫の収入証明なしでもキャッシングできるようになっています。

 

そもそも専業主婦として自分が仕事をせずに家事に専念できるのは、旦那さんに収入があるからです。普通に考えて、旦那さんに安定した収入がなければ、奥さんも働きに出ざるを得ないはずです。ですから専業主婦をやっていることが、旦那さんに安定収入のあることの証明になるのです。

 

よって銀行カードローンに申し込む際に、旦那さんの収入証明書なしでも問題ありません。
自分の身分証明書を提出するだけで、キャッシングすることが可能です。

 

専業主婦の中には「家族には内緒でキャッシングでお金を借りたい」と思っている人もいるでしょう。
銀行カードローンであれば、旦那さんなどに知られずにキャッシングすることも十分できるわけです。

キャッシングサービスで困った時に頼りになるのは!
一番金利の安くなるのは、無利息ローンサービスを展開しているプロミスを利用することです。
プロミスだったら最短即日融資サービスもATM全国設置No1と揃っているので便利にキャッシングできます!
(無利息ローンの利用にはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)

 プロミスだったら困った時に頼りになる!最短一時間融資!!
 平日14時過ぎてもWEB申込から審査通過後に自動契約機に行けば借りられる!
 土日祝でもWEB申込から審査通過後に自動契約機に行けば借りられる!
 30日間無利息サービスも実施中
 ※メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要です。
 プロミスレディースも女性の方に人気があります!
 >>プロミスレディースキャッシングの詳細情報はコチラから!

プロミス


こっそりお金を借りたいと思った時には!
内緒でお金を借りたい時はモビット【WEB完結申込】サービスが助かります!
電話確認なし郵便物無し!のカードレスのサービスですのでこっそりお金を借りたい時に役立ちます!
モビットのもう一つのサービス【10秒簡易審査】は、入力項目も少なく急いでいる時に便利です!

モビットの申し込み方法はタイプの違った2種類!
WEB完結申込で職場電話連絡無し!自宅郵便物も無し!の秘密重視で借りられるサービス
※WEB完結申込の利用には三井住友銀行まとは三菱東京UFJ銀行の口座が必要です。
10秒簡易審査(お試し診断では無い)の即日審査で最短即日融資も可能なサービス
※曜日、時間帯によっては振込が翌日になる場合もあります。

モビット

「収入証明書なしキャッシング|証明書不要でいくらまで借りれる?」関連情報